不正取引防止に係る基本方針

サクソバンク証券株式会社(以下「当社」といいます。)は、犯罪による収益の移転などを図る不正な取引(以下「不正取引」といいます。)の防止に積極的に取り組みます。

態勢の整備

当社は、不正取引防止の重要性を強く認識し、関連法令等の遵守を徹底するため、不正取引の予防、チェック、検出した場合の届出等について、確たる態勢を整備します。

 運営

当社は、不正取引の防止について社内規程を整備し、責任の所在を明確に定めます。

本人確認

当社は、本人確認の手順について社内規程を整備し、その徹底を図るために役職員に指導・研修を実施します。

疑わしい取引

当社は、疑わしい取引の検出や届出等について社内規程を整備し、その徹底を図るために役職員に指導・研修を実施します。また、疑わしい取引については、法令に基づき、速やかに当局に届出を行う等、必要な措置を実施します。

点検と改善

当社は、不正取引の防止に係る遵守状況を点検し、その結果にもとづき継続的に態勢の改善に努めます。