取引証拠金

取引証拠金

取引を行うために預託していただく取引証拠金は、銘柄ごとに一定額として定められています。

必要証拠金と維持証拠金

海外商品先物取引の取引証拠金は、新規ポジションを持つために最低限必要となる必要証拠金と、ポジションを維持するために必要となる維持証拠金の2種類があり、いずれも銘柄ごとに率ではなく一定の額として定められています。

これらの取引証拠金は、銘柄の流動性や価格変動率、海外商品先物取引の規制あるいは法令諸規則等に基づいて決定されますので、それらの変動や変更等によって、また当社の独自の判断によっても予告なく変更されることがあります。必ず取引開始前に取引ツールで最新の情報をご確認ください。

*必要証拠金と維持証拠金は、海外商品先物取引所が定める取引証拠金を基準にして、当社が独自に定めるものです。お客様は当該取引所の証拠金制度ではなく当社が定める証拠金制度に従うこととします。

リスク開示

■海外商品先物取引は原資産である商品の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。海外商品先物取引の売買手数料については、取引手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。取引手数料は決済通貨ごとに注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。

■上記全ての取引において、当社が提示する売価格と買価格にはスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。また、オプション取引の買い側を除いて取引証拠金を預託する必要がありますが、取引証拠金の必用最低額に比して取引可能な金額が大きいため、損失の額が取引証拠金の額を上回る可能性があります。

■口座クラスがプラチナもしくはプレミアムの場合は、一部の取引に関して電話で注文を行うことも可能です。この場合、通常手数料に加えて、一つの注文あたり1,000円の手数料がかかります。

■この「重要事項及びリスク開示」の詳細については「取引説明書」をご参照ください。