FAQ

アクティブトレーダーコース(FX)に関するFAQ

質問)  アクティブトレーダーコースのサービスを受けるにはどのようにすればいいですか?

回答)

【弊社に既に口座をお持ちのお客様】    
以下のいずれかの方法でお申込みいただけます。

アクティブトレーダーコース開設フォームよりお申し込みください。

口座設定完了のタイミングはお申し込み日から起算して原則3営業日以内に設定完了となります。
なお、設定が完了次第弊社よりメールまたはお電話でもご連絡いたします。

【弊社にまだ口座をお持ちでないお客様】
口座開設申し込みフォームより口座をお申込みいただく際に、アクティブトレーダーコースをご選択ください。

質問) アクティブトレーダーコースのステージは変更可能ですか?

回答) 可能です。マイページにログインのうえ、マイページ内「お問い合わせフォーム」より以下の項目を記載し、変更申請してください。

・ユーザーID
・氏名(漢字フルネーム)
・登録メールアドレス
・ご連絡先(電話番号)
・希望のコース(例.ステージ3)

なお、アクティブトレーダーコース開設フォームからも変更申請も可能でございます。
※ステージ変更のタイミングは原則として申し込み月の翌月から変更となります。
申し込み期限は当月最終営業日の朝9時までとなります。
変更完了のタイミングにつきましては翌月最初営業日の18時までには完了いたします。

質問) スタンダードコースに変更するにはどの様な手続きが必要ですか?

回答) スタンダードコースをご希望の場合は以下のお手続きをお願いいたします。

【既にアクティブトレーダーコースをお持ちのお客様】

マイページにログインのうえ、マイページ内お問い合わせフォームより「スタンダードコースへ変更希望の旨」を記載し送信してください。

※コース変更のタイミングは原則として申し込み月の翌月から変更となります。
申し込み期限は当月最終営業日の朝9時までとなります。 変更完了のタイミングにつきましては原則翌月最初営業日の18時までには完了いたします。

質問) アクティブトレーダーコースとスタンダードコースとでは取引時間は同じですか?

回答) 同じです。

FXの取引開始標準時間は月曜日午前4時(オーストラリア時間に準じます。)から取引終了標準時間は土曜日の午前7時(アメリカ時間に準じます。)までです。
※オーストラリア夏時間適用期間は月曜日午前3時取引開始に変更され、アメリカ夏時間適用期間は土曜日午前6時取引終了に変更されます。

質問) アクティブトレーダーコースとスタンダードコースの最低取引数量は同じですか?

回答) 同じです。

質問) 銘柄数は、アクティブトレーダーコースとスタンダードコースとでは同じですか?

回答) 異なります。

それぞれの取引可能な通貨ペアにつきましては、Platform内の「取引条件」をご参照ください。

質問) アクティブトレーダーコースの手数料体系が知りたいです。

回答) アクティブトレーダーコースの手数料体系は以下の通りになります。

取引金額に一定の料率を掛けて求めた手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。
料率は以下の通りステージ別に設定されています。
取引手数料に用いる料率は「ステージ」と呼ばれる区分けで管理されており、お客様のお申し出により変更することができます。
また、ステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が標準金額に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。
ミニマムチャージの設定はありません。
※原則手数料の変更は月初のみとさせていただきます。

ステージ 手数料 月間標準金額
0.003%0円(なし)
0.002%6万円
0.001%20万円

 

質問) アクティブトレーダーコースとスタンダードコースの違いは何ですか?

回答) 比較は以下のとおりです。

 スタンダードアクティブトレーダー
外付け手数料なしあり
標準金額の設定なしあり
スプレッドアクティブトレーダーと比較して広いスタンダードと比較して狭い
プライス提供者SaxoBank A/Sインターバンクを構成する銀行等
注文タイプ成行、指値、逆指値、ストップリミット、トレイリングストップ、IFD、OCO、IFDOCOスタンダードのすべての注文タイプに加えてリミットIOCも可。
取引数量の制限あり ※銘柄により異なるなし

 

質問) アクティブトレーダーコースとスタンダードコースとを比較して、どちらのコストが安いでしょうか?

回答) どちらのコストが安くなるかは、取引数量や銘柄、実勢価格などで異なりますので一概にはいえません。 ぜひ取引ツールやHP上のスプレッドを見比べていただきながら、手数料なども加味しご自身でご検討ください。 なお、それぞれのコストを比較する考え方の例を以下に記載します。

なお、それぞれのコストを比較する考え方の例を以下に記載します。 

​例)

USDJPY1,000万通貨の取引
USDJPYスプレッド・・・アクティブトレーダー:0.1銭、スタンダード:0.4銭
USDJPY実勢価格・・・USDJPY=100円

  ※スプレッドや実勢価格は変動いたしますので、本例はあくまで参考値とお考えください。

  

◇スタンダードコース
スプレッドコストは 0.4銭×10,000,000通貨=40,000円となり、
外付け手数料がないため、
合計コストは40,000円となります。

◇アクティブトレーダーコース(ステージ1)
スプレッドコストは 0.1銭×10,000,000通貨=10,000円となり、
外付け手数料は 10,000,000通貨×100円(USDJPY=100円)×0.003%=30,000円となります。
よって、合計コストは40,000円となります。

つまり、このケースではどちらのコースを選んでもコストはおなじです。

 

ここで仮に、アクティブトレーダーコースのステージをステージ2に変更し、上記売買を1日1回、1か月間(取引可能日数を20日/月で計算)行うと2つのコースの比較は以下のとおりです。

◇スタンダードコース
スプレッドコストは 0.4銭×10,000,000通貨=40,000円となり、
外付け手数料がないため、合計すると40,000円となります。
1か月あたりの合計コストは 40,000円×20回=800,000円となります。

◇アクティブトレーダーコース(ステージ2)
スプレッドコストは 0.1銭×10,000,000通貨=10,000円となり、
1か月あたりのスプレッドコストは 10,000円×20回×200,000円です。
外付け手数料は 10,000,000通貨×100円(USDJPY=100円)×0.002%=20,000円となり、
1か月あたりの外付け手数料は 20,000円×20回= 400,000円です。
外付け手数料400,000円がステージ2の標準金額(60,000円)を上回るため、
1か月あたりの合計コストは400,000円 (外付け手数料)+ 200,000円(スプレッドコスト)=600,000円となります。

よって、このケースではアクティブトレーダーコースのほうがスタンダードコースよりもコストが安くなります。

質問) アクティブトレーダーコースのスプレッドはどこで確認できますか?

回答) FXページもしくはデモ口座/本番口座にてご確認いただけます。

デモ口座のお申込みはこちら>>

本番口座のお申込みはこちら>>

質問) アクティブトレーダーコースのDMAサービス「市場直結型」とはなんでしょうか?

回答) 通常のFXサービスは相手方となる業者がプライス提供者となり顧客の注文を約定させますが、一方、DMAサービスではインターバンクを構成する銀行等のプライスを直接顧客に提供することになります。市場直結型の意味はここにあります。
プライスを提供する銀行の一覧はこちらよりご確認ください。

質問) リミットIOC注文の特徴はなんですか?

回答) リミットIOC注文では最大スリッページを指定し注文を行うことができます。
これにより、不利なスリッページの発生をコントロールすることができます。
アクティブトレーダーコースの注文方法の詳細はこちらよりご確認ください。

質問) FXバニラオプションでもDMAサービスを提供しておりますか?

回答) 提供しておりません。

質問) アクティブトレーダーコースとスタンダードコースの併用は可能ですか?

回答) 不可です。

質問) スワップポイントはスタンダートコースとアクティブトレーダーコースとで異なりますか?

回答) 同じです。

質問) 2ウェイプライスボックスの色の意味を教えてください。

回答) こちらの取引条件ページより、【リアルタイム価格の背景色】の項目をご参照ください。

質問) アクティブトレーダーコースのトレードチケット内に、「マーケットの深さ」という表示があります。これは何ですか?

回答) マーケットの深さは板情報として提示しております。

質問) アクティブトレーダーコースの月額使用料はいつ課金されますか?

回答)  翌月の月初め頃にメイン口座から課金されます。

質問) リミットIOCの「最大スリッページを外す」ことと、「最大スリッページをゼロにする」ことについてそれぞれのちがいを教えてください。

回答)  最大スリッページを外すとき、最大スリッページをゼロにするとき、最大スリッページを指定するときはそれぞれの特徴が異なります。 トレードチケットの注文タイプの特徴と併せて こちらに詳しく記載がございますのでご確認ください。

質問) SaxoTraderGOで1クリック/2クリック設定を切り替えたときの2ウェイプライスボックスの表示はどうなりますか。

回答)  SaxoTraderGOで1クリック/2クリック設定を切り替えますと、2ウェイプライスボックスの表示も切り替わります。
どのように切り替わるかは こちらにてご確認ください。

質問) アクティブトレーダーコースのステージ2、ステージ3の課金分はいつ課金されますか?

回答) 翌月の月初め頃にメイン口座から課金されます。
お客様自身で口座計算報告書をご確認いただきますようお願いいたします。

※なお、課金日の計算はお取引開始日からはじまります。

取引全般・取引ツール・その他に関するFAQ

質問) 変更予定の必要証拠金率を確認する方法を教えてください

回答) 変更予定の必要証拠金率は取引プラットフォームにて随時ご確認いただけます。

【SaxoTraderGOでの確認方法】
1. 取引プラットフォームにログイン
2. 上段メニューから「口座管理」を選択
3. 左部メニューから「変更予定の証拠金率」を選択
4. 口座番号を選択し取引商品や(場合により)取引所等を開きますと、変更予定の銘柄や証拠金率の変更予定実施日時、詳細等がご確認いただけます。

 

【SaxoTraderでの確認方法】
1. 取引プラットフォームにログイン
2. 上段メニュー「口座」を選択
3. 「変更予定の証拠金率」を選択
4. 口座番号を選択し取引商品や(場合により)取引所等を開きますと、変更予定の銘柄や証拠金率の変更予定実施日時、詳細等がご確認いただけます。

質問) 総合口座に移行前の各口座 (以下、旧口座) の取引記録等を確認するにはどうすればよろしいでしょうか?

回答) 旧口座の取引記録等は、Webconnectから旧口座のログインIDおよびパスワードで閲覧可能です。
※旧口座のパスワードをお忘れの場合はパスワードリセットをおこなってください。

Webconnectにアクセスします。

②取引記録を確認したい旧口座のユーザーIDおよびパスワードを入力し、ログイン。
※旧ユーザーIDをお忘れの場合はご本人様確認のうえお伝えいたしますので、下記フリーダイヤルご連絡ください。
フリーダイヤル:0120-007-390  ※取引時間外を除く24時間

③右上にある「setting」より、言語およびタイムゾーンを切り替えていただけます。

④上段メニューより、ご確認されたい項目をご選択ください。
たとえば確定申告に必要な財務諸表であれば、「レポート」内にございまして、印刷も可能です。

 

 

質問) サクソバンク証券からのメールが届きません

回答) 当社からのメールがブロックされている、または迷惑フォルダに振り分けられている場合があります。
その場合、当社メールアドレスを受信許可に設定することでメールを受信できるようになります。

当社からのメールは以下のメールアドレスより送信しています。
受信許可設定を行っていただきますようお願いいます。

info@saxobank.co.jp
apac@mail.saxoemail.com
noreply@saxobank.co.jp

*設定方法はご利用のメール閲覧ソフトによって異なります。
お手数ですがご自身でご確認いただきますようお願いいたします。

以下はYahoo!メールをご利用の場合の例です。
ご参考ください。

  1. Yahoo!メールにログインします。
  2. Yahoo!メールの画面右上「設定・その他」の「メールの設定」をクリックします。
  3. 「安心設定」の「なりすましメール拒否」をクリックします。
  4. 救済リストに登録したいメールアドレス(info@saxobank.co.jpapac@mail.saxoemail.comnoreply@saxobank.co.jp )をそれぞれ入力します。
  5. 「追加」を押すと一覧に追加されます。

詳細につきましては以下、Yahoo!メールのページ「なりすましメール拒否設定」の下部にある「救済リストに特定メールアドレスを登録する」を参照下さい。

Yahoo!メール「救済リストに特定メールアドレスを登録する」はこちらから
 

質問) 各取引口座のイニシャルを教えてください

回答) 各取引口座とイニシャルは以下のとおりでございます。

 

取引口座 イニシャル 対象商品
FX S*1同口座内ではスポットFX、フォワードFX(NDFを含む *2)、FXオプション*3がお取引いただけます。
株価指数CFD I主要な株価指数と株価指数に連動したETF(レバレッジ 型を除く)をCFDでお取引いただけます。
個別株CFD R東京証券取引所、NYSE、ロンドン証券取引所など世界 中の取引所に上場する個別株式をCFDとしてお取引いた だけます。
債券CFD Bヨーロッパ諸国の国債や債券指数に連動したETFをCFD でお取引いただけます。
その他
証券CFD
V他の証券系口座に組み込まれていない様々なETFをお取 引いただけます。
具体的には、レバレッジ型のETF、為 替ヘッジのオプションを組み込んだファンド、REITなど をCFDでお取引いただけます。
商品
(コモディ ティ)
X通貨と貴金属を組み合わせたスポット取引や少額からお 取引いただける金や原油などのコモディティをCFDでお取引いただけます。
海外商品先物 FCMEやICEなど海外の商品取引所に上場する先物をお取 引いただけます。

 
*1 事業承継等で他業者から当社に移された口座にはイニシャルがつかない場合があります。 また、旧FXCHOICEコースをご利用されていたお客様はイニシャルCで引き続きご利用いただいている場合があります。
*2 原資産がNDF(ノンデリバラブル・フォワード)の通貨ペアは原則として電話で のご注文に限定されます。また口座種別がプレミアムまたはプラチナのお客様のみ お取引いただけます。
*3 オプション取引を有効にするには外国為替オプション取引に係る説明書を熟読のうえ、外国為替オプション取引に係る確認書をご郵送いただく必要がございます。

口座間の資金振り替え方法などに関しては、
こちらの総合口座に伴うユーザーマニュアルにも記載がございますのでよろしければご参考ください。

 

質問) マージンコールとは何ですか?

​回答) マージンコールとは、証拠金使用率が一定水準に到達した際に表示されるアラートです。

個人名義の場合:
証拠金使用率が75%および90%に達したらそのつどマージンコールが発動し、証拠金使用率が100%に達したら、ロスカットが執行されます。

法人名義の場合:
証拠金使用率が90%、100%および125%に達したらそのつどマージンコールが発動します。
また、次のいずれかの時点で自動ロスカットが執行されます。

1. 証拠金使用率が 100%以上となりそれが 47 時間継続した時点…一旦 100%以上となった後に、相場の変動や取引証拠金の追加によって 100%を下回った場合は、経過時間がリセットされます。

2. 証拠金使用率が 150%に達した時点
※法人口座に関しましては特記事項がございます。詳細につきましては、「取引説明書」の第5章【4.自動ロスカット】をご参照ください。

アラートは、取引システム画面のポップ・アップとE-mailで通知されます。 通知されるE-mailアドレスは弊社に登録されているE-mailアドレスでございます。
マイページよりご登録情報のご確認およびご変更いただけます。

質問) 各種登録情報の変更方法を教えてください。

回答) 各種登録情報の変更方法についてはお客様情報の登録と変更方法をご覧ください。

質問) FXオプションの取引方法を教えてください

回答) FXオプションをお取引いただくには、以下の手順が必要です。

1)外国為替オプション取引に係る説明書を熟読ください。

 2)外国為替オプション取引に係る確認書を印刷して、回答をご記入ください。   
※プリンターをお持ちでないお客様は書面を郵送いたしますので、お手数ですがその旨をご連絡ください。   
お問い合わせ:  /about/contact

3)全ての項目にチェックマークが入りましたら、以下に従って日付と住所等をご記入ください。   
○個人のお客様の場合    
弊社にご登録いただいている住所・氏名を自筆でご記入ください。印鑑は認印で結構です。   
○法人のお客様の場合    
弊社にご登録いただいている住所・商号・代表者名のご記入、代表者印の押印をお願いいたします。

4)返信用ラベルを印刷して封筒に貼付し、上記の確認書をご郵送ください。  恐縮ですが封筒はご自身でご用意くださいますようお願いいたします。

5)弊社に書類が届き次第FXオプションの取引設定を行いまして、設定が完了いたしましたらメールにて通知いたします。

6)SaxoTraderの上段メニューにある「取引」タブ→「オプショントレード」→「外国為替オプションボード」を表示させ、お取引ください。

  ※法人口座のお客様:外国為替オプション取引を選択された場合、個人と同様に外国為替証拠金の証拠金規制の対象となります。(レバレッジ制限最大25倍)

質問) ビッド・アスクやトレイリングストップとはどのような注文方法ですか?

回答) ビッド・アスク逆指値およびトレイリングストップは逆指値に区分されます。

ビッド・アスク逆指値に関してはこちらをご参考ください。
トレイリングストップに関してはこちらをご参考ください。

質問) 口座がロックされてしまいました。どうすればよいでしょうか?

回答) パスワードがロックされた場合は当社側で解除させていただく必要がございます。

お電話(フリーダイヤル:0120-007-390
※取引時間外を除く24時間)もしくは お問い合わせフォーム (*1)にてご連絡ください。

(*1)お問い合わせフォームには、登録メールアドレス、登録電話番号、漢字氏名フルネーム、ユーザーIDを必ずご入力ください。

質問) 口座を解約したいのですが

回答) 口座解約をご希望の際は、info@saxobank.co.jp 宛もしくはお問い合わせフォームより、以下項目を記載いただき解約希望の旨を添えた上でご連絡くださいますようお願い致します。

【個人口座】
・氏名(漢字フルネーム)
・ユーザーID
・ご生年月日
・ご登録住所
・ご登録電話番号

【法人口座】
・商号と法人格
・ユーザーID
・御社のご登録住所
・御社のご登録メールアドレス
・取引担当者様の氏名(漢字フルネーム)
・取引担当者様のご生年月日
・取引担当者様のご登録住所

*解約希望の口座に未約定の注文、未決済の建玉がある場合や口座残高などがある場合は解約手続きを行うことができません。
あらかじめ口座の状況をご確認頂ますようお願い致します。
出金方法に関してはこちらをご参考ください。
*口座解約の手続きが完了しましたら弊社よりメール等でお知らせいたします。

*口座解約後は取引ツールへのログインができません。
確定申告をされるお客様は、口座解約を行う前に財務諸表の印刷をお願い致します。出力方法は以下をご参照ください。

■財務諸表の出力方法
【SaxoTrader】
画面上部「口座」>財務諸表

【SaxoTraderGO】
画面上部「口座管理」>画面左側「レポート」>財務諸表

財務諸表の右上にございます「Print」をクリックしていただくと印刷することができます。
※表示させたい期間は財務諸表画面の上部にて設定できます。

質問) デモ取引を利用したいのですが

回答) デモ口座では、20日間無料で弊社が取扱っているほぼすべての商品をお取引いただけます。
基本的にはデモ口座の利用期間の延長は承っておりませんが、既に口座を保有されているお客様および口座開設を検討されているお客様に限り延長のご相談をさせていただくことができます。
ご希望の方は、フリーダイヤル(0120-007-390 平日9時~18時)までご連絡ください。

参考:デモ口座の申込みはこちらから>>
※過去にデモ口座もしくは本番口座で登録されたことのあるメールアドレスと同じメールアドレスでのデモ口座申込みは、お客様ご自身で行うことはできません。

質問) 決済(スクエア)後も損益が変動するのですが

回答) ポジションを指定して決済した場合は、決済通貨での損益は確定します。ただしクロス円以外の通貨ペアの場合、取引システム内での日本円の損益は、実勢価格を掛け合わせて算出されているため、決済後も損益が変動します。 実際の損益は、決済時の決済通貨のクロス円の実勢価格に最大 0.5%の両替コストを加えた交換レートで自動的に円に交換されます。

質問) オープンポジション(SaxoTrader)/ポジション管理(SaxoTtraderGO)の「損益」はどのように計算されるのですか?

回答) オープンポジション(SaxoTrader)/ポジション管理(SaxoTtraderGO)の「損益」は、新規約定値と決済価格の差額に取引数量を掛けた金額を表示します。

下図赤枠はSaxoTraderGOのポジション管理画面の例です。 このUSDJPYの新規約定値118.449円と決済価格113.074円の差額5.375円に取引数量5,000通貨を掛けますと26,875円になります。
買ポジションを保有していますので、 26,875円の損失としてマイナス表示されております。

 

質問) 口座維持手数料について教えて下さい

回答) 口座維持手数料の詳細は『注意喚起文書』ならびに『取引説明書』の<【10】口座維持手数料と送金手数料 >をご参照ください。 

以下のQ&Aもご参考下さい。

Q:口座維持手数料はいくらかかりますか?
A:口座維持手数料は 1 回の課金ごとに1万円です。
なお、口座維持手数料はメイン口座でお預かりしている取引証拠金から差し引かれます。 建玉があった場合でも、 上記の条件に該当する場合は課金の対象となりますのでご注意ください。 メイン口座における取引証拠金の 残高が口座維持手数料額に満たない場合は、その範囲で課金し、他のサブ口座から差し引かれることはあり ません。 なお、口座維持手数料を満額徴収できなかった場合でも、残余の金額を後日徴収したり累積したり することはいたしません。

Q:メイン口座の証拠金残高がゼロの場合はどうなりますか?
A:口座維持手数料課金のカウントの180 日に達した時点でメイン口座の証拠金残高がゼロの場合は、口座維持手数料は徴収されません。 なお、その際に口座維持手数料を徴収されなかった分を後日徴収したり累積したり することはいたしません。

Q:メイン口座の証拠金残高が1万円に満たない場合はどうなりますか?
A:口座維持手数料課金のカウントの180 日に達した時点でメイン口座の証拠金残高が1万円に満たない場合は、 メイン口座における取引証拠金の 残高が口座維持手数料額に満たない場合は、その範囲で課金し、他のサブ口座から差し引かれることはありません。 なお、口座維持手数料を満額徴収できなかった場合でも、残余の金額を後日徴収したり累積したり することはいたしません。

Q:最終取引日はどこで確認できますか?
A:SaxoTraderでは、口座→取引レポート→執行済取引の取引時間から、SaxoTraderGOでは口座状況→執行済取引(X)→取引時間から確認できます。

(※1)当社側で口座維持手数料課金のカウントをリセットさせていただく可能性がございます。その場合は、原則、その旨をメールにてお知らせしております。

質問) スワップポイントの確認方法を教えてください

回答) 弊社のスワップポイントは、毎営業日確定し、口座残高に加減算されます。
ポジションを保有したままロールオーバー基準時間*(日本時間午前7時 米国夏時間採用時:午前6時)を持ち越すと、決済日が変更され、持ち越したポジションに対してスワップポイントが付与されます。

*NZDを含む通貨ペアのみ日本時間午前4時(ニュージーランド夏時間採用時:午前3時)

スワップポイントが付与されるタイミングは、通常、日本時間の13時ごろまでに行われますが、以下の通貨を含む通貨ペアについては18時前後となります。 


   ・AED:アラブディルハム
 ・CZK:チェココルナ
 ・HRK:クロアチアクーナ
 ・HUF:ハンガリーフォリント
 ・ILS:イスラエルシュケル
 ・MXN:メキシコペソ
 ・PLN:ポーランドズロチ
 ・RON:ルーマニアレウ
 ・RUB:ロシアルーブル
 ・SAR:サウジリヤル
 ・THB:タイバーツ
 ・TRY:トルコリラ


ロールオーバー処理の詳細は「アクティビティー記録」でご覧いただけます。また、付与されたスワップポイントを確認するには「口座計算報告書」をご覧いただくと便利です。

SaxoTraderGO:「口座管理」>「レポート」>「口座計算報告書」
SaxoTrader:「口座」タブ>「口座計算報告書」

【スワップポイントの付与例】

例①:1日分のスワップポイントが付与される例
火曜日に米ドル円を10,000ドル保有した場合、2営業日後の木曜日が決済日となります。火曜日のニューヨーククローズ(標準時間の場合、水曜日の午前7時)を経てポジションを保有した場合、ロールオーバー処理によって、決済日が木曜日から金曜日に自動的に変更されます。決済日が変更されることで1日分のスワップポイントが口座残高に加減算されます。

例②:3日分のスワップポイントが付与される例
水曜日に米ドル円を10,000ドル保有した場合、2営業日後の金曜日が決済日となります。水曜日のニューヨーククローズ(日本時間、木曜日午前7時 夏時間採用時:午前6時)を経てポジションを保有した場合、ロールオーバー処理によって決済日が金曜日から翌営業日である月曜日に自動的に変更されます。土曜日、日曜日、月曜日と決済日が3日更新されるため、3日分のスワップポイントが加減算されます。

※上記例は説明を簡便化するため、祝日は無視しています。
※米ドル/カナダドルは1営業日後が決済日となります。

参考:
口座計算報告書の確認方法
jp.saxobank.com/Documents/new/swap_financial_statement.pdf

質問) 入出金について教えてください

質問) 確定申告の書類(財務明細)の各項目について教えて下さい

回答) 財務明細の各項目について説明させていただきます。

【顧客のアクティビティ】・・・該当口座において現金で記帳された項目

■現金額・・・入金、および出金の合計額です。
■顧客の借入コスト・・・CFD口座における借入金利の合計額です。
■顧客のCFDファイナンス・・・CFD口座におけるオーバーナイト金利の合計額です。
■顧客のCFDファイナンスをキャンセルする・・・CFD口座におけるオーバーナイト金利の調整額です。
■CFD Cash Adjustment・・・CFD口座におけるコーポレートアクション(配当金調整等)の合計額です
■調整手数料・・・CFD口座における配当金に係る源泉徴収税の合計額等です
■Manual Correction Amount ・・・スワップポイントの調整等が発生した場合の調整金の合計額です。
■企業活動-現金配当・・・CFD口座(ETF含む)を原資産とした銘柄の配当金相当額
■企業活動-源泉徴収税・・・上記の配当金に対する源泉徴収税相当額

【デリバティブ商品の操作ログ】・・・該当口座において取引およびスワップポイントによって記帳された項目

■手数料・・・取引毎に発生した手数料の合計額です。
■Japanese Swap・・・選択期間に発生したスワップポイントの合計額です
■損益・・・取引によって発生した損益の合計額です。
*上記は一般的な項目の例でございます。上記に記載のない項目が記載されている場合やご質問等がございましたらカスタマーサポートまでご連絡いただきますようお願いいたします。

○確定申告について
上記の項目のうち、お客様の入出金記録である【現金額】の合計額を除いた項目が該当口座における損益の合計額となります。

*海外商品先物取引は税区分が雑所得
・総合課税となります。 それ以外の取引の損益とは通算できません。
あらかじめご留意いただきますようお願いいたします   

*上記は一般的な項目の例でございます。上記に記載のない項目が記載されている場合やご質問等がございましたらカスタマーサポートまでご連絡いただきますようお願いいたします。 

質問) 取引システムの利用環境について教えてください

回答)

【SAXOTRADERの推奨環境】※Mac利用不可
1. ハードウェア
・CPU / シングルコア
・ディスプレイ / 1280×1024、24ビット
・回線速度 / ブロードバンド
・RAM / 2GB

2. OS
・Windows 10(32ビット、64ビットともに対応)
・Windows 8.1 (32ビット、64ビットともに対応)
・Windows 8 (32ビット、64ビットともに対応)
・Windows 7 (32ビット、64ビットともに対応)
・Windows 7 SP1 (32ビット、64ビットともに対応)
・Windows Server 2003 SP2
・Windows Server 2008 R2 (Server Core Roleはサポート対象外)
・Windows Server 2008 R2 SP1
・Windows Server 2008 (Server Core Roleはサポート対象外)

3. ソフトウェア
【全バージョン共通】以下のソフトウェアがインストールされている必要があります。
Internet Explorer7.0以上
※Internet Explorer 6では、口座状況の表示が出来ない場合がございます。
Adobe Acrobat Reader、Macromedia Flash6.0以降、Javaバーチャルマシン
※常に最新版に更新下さい。
Microsoft .NET Framework 4.0
[コントロールパネル]⇒[プログラムの追加と削除]よりご確認いただけます。

【SaxoTraderGOの推奨環境】 ※Mac利用可
・Windows OS: Windows7、8 、8.1、10 ブラウザ: IE11以降、Firefox 25、Google Chrome
・MAC OS: OSX ブラウザ: SafariおよびGoogle Chromeの最新版
・タブレット OS: iPhone - iOS7以降、Android4.1以降 ブラウザ: Safari、Google Chrome、IE11以降
・スマートフォン OS: iPhone - iOS7以降、Android4.1以降 ブラウザ: Safari、Google Chrome

質問) 各商品の証拠金率とレバレッジを教えてください

回答) 法人口座では個人とは異なる証拠金率(レバレッジ)が適用されます。詳細は下記のとおりです。

平成29年2月27日より、法人を対象とした証拠金規制に関する内閣府令が改正施行されています。詳細はこちらをご参照ください

 

口座名

取扱商品

個人の最大レバレッジ

法人の最大レバレッジ

FX口座
スタンダードコース
アクティブトレーダーコース

FX

25

リスク値に基づき毎週変動

FXオプション

25

個別株CFD口座

個別株CFD

5

10

株価指数CFD口座

株価指数CFD

10

50

バラエティCFD口座

バラエティCFD

5

10

商品CFD口座

商品CFD

20

50

貴金属証拠金

20

50

貴金属オプション

20

債権CFD口座

                 

50

50倍
海外商品先物口座

                 

取引所が定める証拠金⁂ 取引所が定める証拠金⁂


【証拠金率とレバレッジの関係】
証拠金率2%=レバレッジ50倍 / 証拠金率4%=レバレッジ25倍 / 証拠金率6%=レバレッジ16.6倍
証拠金率8%=レバレッジ12.5倍 / 証拠金率10%=レバレッジ10倍 / 証拠金率20%=レバレッジ5倍
 
注①:
法人口座でFXオプション取引をご利用いただく際は、個人口座と同じ取引条件(最大レバレッジ25倍、ロスカットレベル100%等)となります。 ただし、例外として弊社に特定投資家としてご登録いただいた場合にかぎり、オプション独自の証拠金計算方法でかつチケット方式の 取引モジュールでお取引いただけます(個人口座ではFXと同じ証拠金計算方法を用いて、オプションボードのみのお取引になります)。 特定投資家制度についてはこちらからご確認いただき、ご不明な点につきましては平日09:00~18:00に弊社までお電話でお問い合わせください。
注②:
法人口座で貴金属オプションをお取引いただく際は、FXオプションとは異なり、オプション独自の証拠金計算方法を用いて必要証拠金を計算します。


参考:各取扱い銘柄の証拠金率レバレッジはこちらからご確認ください。
◆FXの取扱銘柄一覧
◆レバレッジをかけたCFD取引

質問) 両建取引は可能ですか?

回答) 可能です。両建取引を行うには、対当する建玉(同一銘柄の売り建玉と買い建玉)の一方または両方の建玉に関連注文(ただし有効期限が翌日以降)を付帯する必要があります。

*対当する建玉で、いずれにも関連注文が付帯していないか、付帯していても有効期限が当日中である場合は両建には 該当しません。この場合は同数量の部分については決済済みの扱いとなり、ロールオーバー処理で清算されます。
*関連注文とは、指定決済のための指値注文・逆指値注文をいい、IFD注文やIFDOCO注文が約定した場合等の 2次注文も含みます。

※海外商品先物取引を除きます。海外商品先物取引では両建て状態となった場合には関連注文が付帯している場合であっても、原則として決済されます。 詳細は取引説明書「第5章 共通事項【6】両建取引」をご参照ください。   

質問) 証券CFD取引で約定代金が100万円の建玉を持ち越した場合に、発生するオーバーナイト金利の概算額を教えて下さい

回答) 証券CFD取引でポジションを持ち越した場合には、オーバーナイト金利の受け払いが発生します。原則として、買い建玉の場合はお客様の支払いとなり、売り建玉の場合はお客様の受け取りとなります。ただし、オーバーナイト金利は当該建玉に係る原資産の通貨の金利や基準となるロンドン銀行間取引金利(LIBORおよびLIBIT)等によって変動し、場合によっては売り建玉でもお客様の支払いとなることがあります。

例えば原資産の通貨がJPYの銘柄で約定代金が100万円の買い建玉を持ち越した場合は、
100万円(約定代金)×3.57%(買いオーバーナイト金利)÷360(金利計算)=99.16円となり
一日当たり約99.16円のオーバーナイト金利をお支払いいただきます。

一方で原資産の通貨がJPYの銘柄で約定代金が100万円の売り建玉を持ち越した場合は、
100万円(約定代金)× -3%(売りオーバーナイト金利)÷360(金利計算)= -83.33円となり
一日当たり約-83.33円の受取り、つまり83.33円のオーバーナイト金利をお支払いいただきます。

オーバーナイト金利の一覧については下記表をご参考下さい。

受取り金利(円貨)

オーバーナイト金利(%)

支払い金利(円貨)

原資産の通貨

売り(受取り)

売り(受取り)

買い(支払い)

買い(支払い)

AUD

-17

-0.6

6.1

169

EUR

-83

-3

3.5

97

GBP

-72

-2.6

4

111

JPY

-83

-3

3.57

99

USD

-81

-2.92

3.68

102

-17

-0.6

6.1

169


*2015年3月27日現在
*100万円相当保有時の1日あたりの金利
*売り(受取り)がマイナスの数値になっている場合は支払いとなります。
*上記は参考値となり日々変動いたします。
*株価指数CFDで株価指数を原資産とする銘柄(NI225.IやDJI.I等の「.I」で終わる銘柄)の買い建玉に関しては、上記よりも1%小さい金利が適用されます。

取引画面の「トレードチケットモジュール」で概算値を確認することが出来ます。

1日単位の推定金利(JPY) -86円(売り)/ -103円(買い)が、約定代金(名目価値)に対して発生する1日あたりのオーバーナイト金利の概算額となります。

*デモ口座の取引画面では最新のオーバーナイト金利を確認することができません。
必ずライブ口座の取引画面でご確認下さい。 

質問) 個人名義で口座を開設したいのですが

回答) 個人口座の開設はこちらのページから承っております。
口座開設フォームに必要事項を記入したのち、本人確認書類とマイナンバーを弊社までお送りください。
送付方法につきましては、下記をご参考ください。

【マイナンバーと本人確認書類の提出について】
詳細はこちらから>>

マイナンバーと本人確認書類を午前中にをお送りいただいた場合は、通常同日中に審査を行い、口座開設に至りますと「口座開設通知書」をお送りいたします。
最短2営業日で口座を開設することが可能です。

 

質問) 法人名義で口座を開設したいのですが

回答) 法人口座開設の流れは下記のとおりになります。

①取引口座の開設申込み ・
口座開設のリンクから、『法人の方はこちら』のページにお進みいただき、お申込み手続きを行ってください。

②契約書送付
・法人様の所在地住所に、契約書類一式を送付します。

③契約書類等返送
・契約書類の記載内容をご確認いただき、必要事項に署名・捺印のうえ、本人確認書類(登記簿謄本、取引担当者の本人確認書類)、収入印紙を同封し、弊社までご返送ください。
本人確認書類の詳細についてはこちら>>

④審査
・契約書類一式が確認でき次第、書類内容に基づき適格性を審査させていただきます。

⑤ユーザーIDの発行
・審査を通過されますと、「口座開設通知書」を法人様の所在地住所と取引担当者様の住所にお送りいたします。 (送付先は本人確認できる住所のみになります。)
※取引ツールへログインする際のユーザーIDは取引担当者様宛の口座開設通知書に記載されており、マイページへログインする際のユーザーIDは法人様所在地宛の口座開設通知書に記載されております。それぞれのシステムにログインする際ユーザーIDをお間違えないようご注意ください。

⑥取引証拠金の預託
当社指定の銀行口座に取引証拠金をご送金ください。
初回入金額は50万円以上となります。
ご送金の際は、法人名と法人ユーザーIDを必ずご入力ください。
法人名のみではご入金いただく取引口座の確認が取れない場合があります。

⑦お取引の開始
・当社で取引証拠金の入金を確認できましたら取引口座に入金を反映いたします。
口座開設に関するお問い合わせは、お問い合わせフォーム、または以下の時間帯内にカスタマーサポート(0120-007-390)までご連絡ください。

○口座開設に関するお問い合わせ:平日09:00~18:00

質問) SaxoTraderGOのアプリはどこからダウンロード可能でしょうか?

回答) iPhoneをお使いの場合はこちらよりダウンロードいただけます。

アンドロイドをお使いの場合は、OSのバージョンによって利用できるアプリが異なります。
こちらを参照ください。

■アンドロイド4.0以下
あいにく、アンドロイド4.0以下ではSaxoTraderGOはご利用いただくことができません。

■アンドロイド4.1-4.3
SaxoTraderGOのアンドロイドアプリはございませんが、
別途、配布しているウィジェットをインストールし、正しく設定することで
アプリで本来利用できるものと同じ機能をアンドロイド端末でもご利用いただけるようになります。

設定方法に関しては以下の添付ファイルをご参照ください。

尚、ウィジェットを設定しなくても
ブラウザ上で以下のURLよりお取引いただけます。
https://www.saxotrader.com/Login/ja

 
■アンドロイド4.4以降
上記ウィジェットに加え、アンドロイドアプリもご利用いただくことができます。
アプリはこちらからインストールすることが可能です。

参考:
アンドロイドウィジェット設定方法 jp.saxobank.com/Documents/faq/android_widget.pdf

質問) アンドロイド携帯でSaxoTraderGOが開けません

回答) SaxoTraderGOはOS:Android4.1以降、最新版のChromeブラウザで利用可能です。OSが4.1以降であることとChromeが最新版であることをご確認ください。Chromeが最新版でない場合は、一度削除して、GooglePlayからChromeをインストールすることで最新版のChromeを取得できます。

上記要件を満たしているにも関わらず、下記の画像が表示されアクセスできない場合は、Chromeではなくアンドロイド携帯のデフォルトブラウザで閲覧されていることが考えられます。下記手順にそってChromeを既定のブラウザに設定し、再度お試しください。

まずはSaxoTraderGOのショートカットをホーム画面に追加してください。

次に既定のブラウザの設定を消去してください。
設定>>アプリケーション>>すべて
とお進みください。
*「すべて」は右側に隠れている場合があります。

「ブラウザ」をタップし、デフォルトでの起動の「設定を消去」をタップして、デフォルトのブラウザを消去してください。

 設定を消去したら、ホームに保存したショートカットをタップするとアプリケーション選択画面が表示されますので「Chrome」を選択して「常時」をタップすると設定が完了します。

設定が完了したら再度ログインをお試しください。
*上記は設定方法の一例となります。ご利用のアンドロイド携帯によっては、少し設定方法が異なる場合がございます。
あらかじめご留意いただきますようお願いいたします。

質問) 資金調達金利について教えて下さい

回答) 資金調達金利は、基本的にポジションに評価益がある場合は受け取り、評価損がある場合は支払いとなります。ただし、適用される金利(短期金利に連動)は受け取りよりも支払いのほうが高く、水準によっては評価益があっても受け取りがゼロとなる場合もあります。

資金調達金利は日々変動し、通貨ペアの右側の通貨(USDJPYの場合はJPY)の金利によって算出されるため右側の通貨が高金利通貨の場合は高くなります。資金調達金利の詳細に関しては「外国為替ロールオーバー」レポートでご確認いただくことができます。

「外国為替ロールオーバー」は、SaxoTraderでは画面上部メニューの「口座」から、SaxoTraderGOでは画面上部の「口座管理」をクリックをし、左側にありますメニュー画面から選択することができます。


添付ファイルもご参照下さい。

参考:
資金調達金利 jp.saxobank.com/Documents/faq/financing_interest.pdf

質問) 「コンテンツへのアクセスエラーです」と表示され口座状況や財務明細が表示されない

回答) 「コンテンツへのアクセスエラーです」と表示され口座状況や財務明細が表示されない場合は以下をお試しいただくことで改善することがございます。
(注)Windows XPはサポート対象外であり、以下の設定変更を行っても症状は改善されません。

①Internet Exploreを開き、画面上部の「ツール」>>「インターネットオプション」と進みます。
「インターネットオプション」が表示されますので「詳細設定」のタブをクリックします。
②「詳細設定」の中にあるセキュリティーの項目から【TSL 1.0を使用する】【TSL 1.1の使用】【TSL 1.2の使用】にチェックを入れて
「OK」をクリックしインターネットオプション画面を閉じて下さい。

その後、取引システムに再度ログインをし、口座状況が正しく表示されることをご確認下さい。

上記をお試しいただいても改善されない場合は、③【SSL2.0を使用する】および【SSL3.0を使用する】のチェックを外して、「OK」をクリックしインターネットオプション画面を閉じ、ご確認ください。
上記をお試しいただいても改善されない場合はお手数ではございますが
弊社までお問い合わせいただきますようお願い致します。

参考:
コンテンツへのアクセスエラー 

 

 

質問) 口座の種別について教えてください

回答) 当社では、お客様の取引実績や預かり資産残高に応じて、取引口座に種別を設けています。
種別はクラシック、プレミアム、プラチナの3つからなり、種別の確認はマイページから行うことができます。
取引コースとは異なりますので、ご注意ください。

質問) 注文を発注することができません

回答)

ケース1:SAXOTRADERでは誤発注を防止するため、取引ロックが設定されております。下部の箇所でご確認ください。   

 

 ケース2:SAXOTRADER、SaxoTraderGO共にご注文の際は正しい取引口座をご選択していただくことが必要です。
取引商品に対して誤った口座を選択してしまいますと発注することができません。
FXを取引するためにはイニシャル“S”口座、株価指数CFDを取引するにはイニシャル“I”口座というように、該当取引口座があっているかどうかご確認ください。

 参照: 同FAQ内の「質問)各取引口座のイニシャルを教えてください」

 

質問) スワップポイントは保有ポジションを決済しなくても付与されますか?

回答) スワップポイントは日々、取引口座に実現損益として付与されます。
そのため当該ポジションが未決済であっても、付与されたスワップポイントは税申告の対象となります。
また付与されたスワップポイントを余力の範囲内で出金することも可能です。

質問) 先入先出法(ファースト・イン・ファーストアウト)とは何ですか

回答)  先入先出法とは、約定時間が古い順に売買がマッチングされて決済処理が行われるルールのことを指します。
例えば、成行(なりゆき)で米ドル円を1万通貨ごと3回にわけて発注し、計3万通貨保有していたとします。
この状態で、成行で売りを1万通貨発注した場合、この売りポジションは自動的に約定時間が一番古い買い注文と決済されます。

17:00 米ドル円 買い 1万
17:10 米ドル円 買い 1万
17:15 米ドル円 買い 1万
17:20 米ドル円 売り 1万 ※「17:00 米ドル円 買い 1万」と自動的に決済

こうした判断は、ロールオーバー処理時に取引システムが行い、処理が完了した時点で決済済みポジションは画面に表示されなくなります。

【ご注意事項】
ロールオーバー処理は日本時間の午前7時(米国が夏時間採用時は午前6時)から始まりますが、処理が完了するまでにある程度の時間を要します。この間も、取引画面に当該ポジションは表示されていますが、先入先出法に基づいて決済が行われるポジションについては、
ロールオーバー処理が開始された後で、指値注文等新たな関連注文を付加しないようお願いいたします。
このような場合、処理完了後に決済済みとして表示されなくなったポジションとの関連付けが残ってしまいます。
そのため関連付けを解消する必要がありますので、弊社にご連絡いただきますようお願い申し上げます。

質問) 利益確定注文にトレイル機能を追加したいのですが

回答) トレイリング注文は逆指値の一種であるため、指値注文(買い注文時では実勢価格より上の値段)で発注することはできません。

質問) 両建のポジションを決済できません

回答) 両建て状態では、証拠金は個人の場合はマックス方式、法人の場合はネッティング方式で計算されます。

・マックス方式・・・対当する建玉のいずれか少なくない取引額を基準として算出した取引証 拠金を全体の取引証拠金とします。
・ネッティング方式・・・対当する建玉を相殺し残余の建玉の取引額を基準として算出した取引証 拠金を全体の取引証拠金とします。
したがって、売り建玉と買い建玉が同数の場合、 必要証拠金はゼロとなります。

両建て状態、つまり売りと買いの両方に関連注文が設定されているとき、決済しようとしても証拠金不足になり決済できない場合があります。 その際は以下のような方法でも決済が可能です。下記例は売り買い両方に関連注文が入っている状態という設定になっております。
実際は売り買いどちらか一方に関連注文を入れても両建て状態になります。

【買いポジションを決済したい場合】
1. 買いポジションに入っている関連注文を削除します。
2. 新規で売り注文を発注します。
3. ロールオーバー後に、決済したかった買いポジションと新規で建てた売りポジションが相殺され、決済されます。

【売りポジションを決済したい場合】
1. 売りポジションに入っている関連注文を削除します。
2. 新規で買い注文を発注します。
3. ロールオーバー後に、決済したかった売りポジションと新規で建てた買いポジションが相殺され、決済されます。
※上記の通り買いまたは売りのポジションから関連注文を削除すると、既に保有している関連注文が入っていない反対ポジションと相殺され決済される場合がありますので、ご注意ください。
相殺の順番については同FAQの「質問)先入先出法(ファースト・イン・ファーストアウト)」をご参照ください。

※ちなみに、売り買いどちらにも関連注文が入っていて、そのどちらのポジションも決済したい場合は、関連注文を全て外してしまえばロールオーバー後に先入先出法で相殺対象が相殺されて決済されます。

質問) 証券CFD口座(個別株CFD/株価指数CFD/その他証券CFD/債券CFD)の追加開設方法を教えてください。

回答) 既に当社で取引口座を開設しており、且つ証券CFD口座(個別株CFD/株価指数CFD/その他証券CFD/債券CFD)をお持ちでないお客様は以下の手順でお申し込みいただくことで追加口座開設が可能です。

1. マイページにログインし、「内部者情報の確認」を更新してください。
手順に関してはこちらをご参考ください。

2. 必要書類をご提出ください。

・個人のお客様
現住所の確認できる本人確認書類およびマイナンバー
提出書類および提出方法の詳細に関してはこちらをご参考ください。

・法人のお客様
取引担当者の写真付き本人確認書類を1点(例.運転免許証) もしくは
取引担当者の写真付きでない本人確認書類を2点(例.各種健康保険証と有効期限3か月以内の住民票の写し原本)

ご利用いただける顔写真付き本人確認書類
(以下から1点)
ご利用いただける顔写真付きでない本人確認書類
(以下から2点)
運転免許証
パスポート
在留カード
住民台帳基本カード
特別永住者証明書
各種健康保険証
戸籍謄本または戸籍抄本(6ヶ月以内、コピー不可)
住民票の写し(3ヶ月以内、コピー不可)
印鑑証明書(3ヶ月以内、コピー不可)


提出方法に関してはこちらをご参考ください。

3. お問い合わせフォームで、問い合わせ内容で「その他」を選択し、「証券CFD口座開設希望」と本文に記載しフォームを送信して下さい。
*最短2営業日で開設が完了いたします。

質問) パスワード新規作成/再設定の方法を教えてください。

回答)

1. パスワード新規作成/再設定ページにアクセスしてください。

2. 口座の種類は「ライブ口座」を選択し、
“ユーザーID”に口座開設通知書に記載のユーザーID(※1,2)をご入力ください。
“登録メールアドレス”には口座開設時にご登録いただきましたメールアドレスをご入力だくさい。
全てご入力いただい後に「新しいパスワードを要求」をクリックしてください。

(※1)法人口座であればマイページログイン用は法人口座代表ユーザーID(取引担当者専用ユーザーIDではない)となります。
(※2)取引担当者専用ユーザーIDは取引システム専用のため、マイページへのログインは不可です。
よって、取引担当者が取引システムのパスワード再設定を行う際は取引担当者専用ユーザーIDをご入力ください。

3. 送信完了後、口座開設時にご登録いただきましたメールアドレス宛に弊社よりパスワード設定のメールが届きます。
メール本文内にございますリンクをクリックしますと、
パスワードリセット画面が表示されますので、そちらにてお客様自身でパスワードをお決めいただくことができます。

 

※従来、取引プラットフォームとマイページとではパスワードが異なっておりました。これを、2016年11月1日(火)より、取引プラットフォームとマイページのパスワードを統一いたしました。