2016年9月13日

ウィリアムズアリゲーター指標 (Williams Alligator)

ビル・ウィリアムズ(Bill Williams)氏が考案したアリゲーター指標では、トレンドの継続と変化を確認することができます。

この指標は、3つの平滑単純移動平均(SSMA = Smoothed Simple Moving Average)を使用し、指標の変化を平準化します(デフォルトでは5、8、13の期間を使用)。計算方法は、設定画面でSSMAから単純移動平均(SMA = Simple Moving Average)または指数平滑移動平均(EMA = Exponentially Moving Average)に変更できます。 3つの平滑移動平均線は、アリゲーターのあご、歯、口となります。 :

  • あご(青いライン)- 13本のバー/ローソク足SSMAで始まり、後続する8本のバー/ローソク足で平滑化されます
  • 歯(赤いライン)- 8本のバー/ローソク足SSMAで始まり、後続する5本のバー/ローソク足で平滑化されます
  • 口(緑色のライン)- 5本のバー/ローソク足SSMAで始まり、後続する3本のバー/ローソク足で平滑化されます

このアリゲーター指標では、トレンド、およびトレンドの変化が以下のように確認できます。:

  • 上昇トレンド:下からあご、歯、口の順になっている
  • 下落トレンド:上からあご、歯、口の順になっている

上の傾向が見られない場合(各ラインがもつれ合っている)、アリゲーターは口を閉じて「眠っている」状態となります。アリゲーターが空腹で目を覚ますと、上の順序で口が開き、トレンドが発生します。アリゲーターが空腹を満たし、3本のラインが再びもつれあった場合、トレンド終了のシグナルとなります。

このアリゲーター指標を使用する場合、アリゲーターが眠っているときは市場に明確なトレンドが生まれていないため、ポジションを持つべきではありません。