2016年4月11日

【重要】4月25日より法人口座の証拠金計算方法が変更されます

法人口座におけるFXおよび貴金属証拠金取引の証拠金計算について、お客様と弊社とのお取引に関し重要なお知らせがございますので、お手数ですが必ずご一読いただきますようお願い申し上げます。

​――――――――――――――――――――――――――――
法人口座におけるFXおよび貴金属証拠金取引の証拠金計算
――――――――――――――――――――――――――――

来る2016年4月25日(月)より、法人のお客様が以下の取引をされる場合、「ティアード・マージン(段階証拠金率)」が適用されるようになります。

  • FXスポット取引
  • FXフォワード取引
  • 貴金属証拠金取引
  • FX オプション取引※
    ※ FXオプション取引を行っている「法人」のお客様(特定投資家は除く)は、個人投資家取引条件のため、ティアード・マージンは適用されません。

ティアード・マージンでは、ネット持高によって適用される証拠金率が変動し、取引が大口になる(ネット持高※が大きくなる)ほど証拠金率が高く(レバレッジは低く)なります。
※ネット持高とは、保有されている全てのポジションを「日本円建」に換算した金額となります。ネット持高は取引ツールでご確認頂けます。

各通貨ペアの必要証拠金率は証拠金率区分によって決まります。証拠金率区分はネット持高を米ドル建に換算した金額によって決まり、7つの段階に区分されています:

1 234567
< 1M1-3M3-5M5-10M10-25M25-50M>50M

 単位:Ⅿ=100万米ドル

通貨ベア毎の証拠金率は段階毎に特定の証拠金率が決められています。ただし、複数の段階で証拠金率が同一の場合があります。そのため、各通貨ペアの証拠金率は最大でも7つの段階に収まるようになっています。

《例》EURUSDの場合、4種類の証拠金率が適用されております。

段階ネット持高証拠金率

 

 

 

EUR/USD

1USD 3,000,000まで1.0%
2
3
USD 3,000,000
USD 25,000,000まで ​ ​
2.0% ​ ​
4
5
6
USD 25,000,000
USD 50,000,000まで
3.0%
7USD 50,000,0006.0%

 

4月25日から弊社のホームページで標準段階証拠金率表がご確認いただけます。

●●●ご注意ください●●●
ティアード・マージンが導入されますと、お客様のネット持高等に基づき必要証拠金が変わりますので、必ず取引プラットフォーム上の「取引条件」或はトレードチケットにて必要証拠金をご確認下さい。

詳細につきましては弊社のホームページ、こちらからご確認頂けます。

 

以上、ご不明な点などにつきましては末尾記載の連絡先までお気軽にお問合せください。
今後とも弊社をご贔屓いただければ誠に幸甚に存じます。

 

 

 

 

What's New