2015年12月25日

契約前交付書面の改定に関する重要なお知らせ

先般からご案内しておりますように、当社では取引口座の統合(総合口座)と新規取扱い商品の導入を予定しております。

​具体的な実施日や移行手順の詳細は未定ですが、おおむね固まってまいりましたのでお知らせ申し上げます。ただし、まだ確定はしておりませんので変更の可能性を含んでいることにご留意ください。
また、契約前交付書面の改定について次のページに掲載しておりますので、併せてご確認のほどお願い申し上げます。
http://jp.saxobank.com/Legal/Pages/other-forms-and-documents.aspx


 
1.実施日
スケジュールに特段の支障が生じなければ、2016年1月下旬から2月頃を予定しております。

2.移行の手順等
・総合口座では一つのIDですべての弊社取扱いプロダクトがお取引可能となります。
・総合口座は複数のサブ口座から構成され、原則としてFX用のサブ口座が入出金用の口座となります。
・移行前にお持ちの口座(旧口座)は各サブ口座へ移管され(注1)、取引されていなかったプロダクトも残高等がゼロの状態でサブ口座が自動的に作成されます(注2)。
・IDは主にご利用になっていた口座のIDが総合口座のIDとなります。※一部例外があります

【注1】

A.旧口座に建玉がない場合

この場合はそのまま(取引証拠金や注文があればそれらも含めて)対当するサブ口座へ移管されます。移管後は旧口座で取引することはできなくなりますが、一定期間は閲覧が可能です。

B.旧口座に建玉がある場合

B1.旧口座がFX用口座の場合は、建玉も含めてそのまま総合口座へ移管されますので、総合口座でお取引ください。※一部例外があります

B2.旧口座がFX用以外の口座である場合は、何も移管されません(注1-2)。ただし旧口座は決済のみ可能となりますので、新規のお取引は総合口座で行ってください。※一部例外があります

【注1-2】

ただし、お客様が移管をご希望の場合は、一定の条件のもとで個別に建玉等を移管することも検討しております。

【注2】

総合口座への移行によって証券関連口座が新たに設定されるお客様は、日本証券業協会が定める手続きが必要となる関係から、実際にお取引が可能となるまでに一定の期間が必要となります。
ご不便をおかけいたしますがご承知のほどお願い申し上げます。なおその間もFXや商品系のお取引は可能でございます。

以上、ご不明な点などにつきましては、末尾記載の連絡先までお気軽にお問合せください。
詳細等は確定次第順次お知らせいたしますので、弊社サイトやメールでのご連絡にご注意いただきますようお願いいたします。

今後とも弊社をご贔屓いただければ誠に幸甚に存じます。

 

 

 

What's New