2015年1月20日

【重要】証拠金率の見直しについて(実施日時:1月22日午前0時)

平素よりサクソバンクFX証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

急なご案内となりますが、今般のスイスフランの対ユーロ上限が撤廃されたことに伴い、1月22日午前0時より下記の変更を実施いたします。 

重要なお知らせですので、必ずご確認くださいますようお願いいたします。 

1. 外国為替証拠金取引・貴金属証拠金取引

1月22日午前0時より下記のとおり証拠金率を変更いたします。 

(個人のお客様) 

○ スイスフランを含む通貨ペアの証拠金率を8%以上から15%に変更します。
○ 金関連の取引は5%以上から6%以上、銀関連の取引は6%以上から8%以上に変更します。 

(法人のお客様) 

○ スイスフランを含む通貨ペアの証拠金率を8%以上から15%に変更します。
○ 日本円を含む通貨ペアの証拠金率を0.5%以上から3%以上に変更します。
○ ユーロ、米ドル、英ポンド、日本円を含む通貨ペアの証拠金率を0.5%以上から2%以上に変更します。
○ 金関連の取引は4%以上から6%以上、銀関連の取引は6%以上から8%以上に変更します。 


詳細はこちらからご確認ください。

2. 株価指数CFD取引

1月22日午前0時より、法人口座の証拠金率を変更します。

詳細はこちらからご確認ください。

3. 外国為替オプション取引 

弊社に特定投資家としてご登録いただいているお客様におかれましては、外国為替オプション取引において「デルタマージン」と「ベガマージン」の合計値を証拠金としています。 ベガマージンは取引数量×ベガ×インプライドボラティリティー×ボラティリティファクターから計算しますが、1月22日(木)午前0時よりインプライドボラティリティーとして利用する値を現行の10%から20%に変更いたします。 

なお、特定投資家以外のお客様におかれましては、従来どおり、外国為替証拠金取引と同じ証拠金計算を適用いたします。 

以上、お手数をお掛けいたしますが、ご確認くださいますようお願いいたします。

What's New